特定派遣のメリット・デメリットを知るなら派遣登録ガイド

派遣会社の比較・ランキングなら派遣登録ガイド

おすすめ派遣会社

派遣ポータルサイト

IT業界特化型

アパレルに強い

クリエイターに強い

エンジニアに強い

販売系に強い

派遣会社の選び方

人材派遣の基礎知識

派遣会社の仕組み

派遣という働き方

派遣社員と給与

派遣の種類

派遣会社の種類

派遣社員の福利厚生

派遣法の改正について

派遣登録ガイドTOP > 派遣の種類 > 特定派遣とは?メリット・デメリット

特定派遣とは?特定派遣のメリット・デメリット

特定派遣とは、労働者が派遣先企業に派遣されることを前提として派遣会社に契約社員・正社員として入社し、研修などを経て入社した企業の顧客となる派遣先企業へと派遣され、就業するスタイルのことを指します。

特定派遣の場合、「派遣」という言葉がついているものの、実際に派遣されているスタッフは派遣元となる派遣会社の正社員や契約社員であり、直接雇用されているという点が通常の派遣とは異なる点です。

派遣先の有無に関わらず派遣会社との雇用契約は結ばれたままとなるため、「常用型派遣」と呼ばれることもあります。

特定派遣には、下記のような特徴があります。

  • 派遣会社に正社員・契約社員として直接雇用されている
  • 派遣先がなく、就業していなくても雇用契約は途切れない
  • 一般の派遣と比較すると派遣期間が長い傾向がある
  • 雇用主は派遣会社だが、就業中の就業規則などは派遣先企業の規定に従う
  • システムエンジニアなど理系領域職種の求人がほとんど

一般的な派遣求人の場合は事務や販売といった求人が多いのに対して、特定派遣のスタイルの求人のほとんどはエンジニア関連の求人など非常に専門性が高い技術系職種の求人となっています。

しかし、特定派遣会社が高い専門性を持った人材を多く確保し、大量に派遣先へと派遣していくのはそう簡単なことではありません。

そこで、特定派遣会社の中には、まずは未経験の人材を大量採用し、その後に自社で技術やスキルを徹底的に研修した後で派遣先に送り出すというスタイルをとっている会社がとても多くあります。

特定派遣のメリット・デメリット

ここでは、特定派遣のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

特定派遣のメリット

特定派遣のメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 派遣会社との直接雇用なので、雇用の安定性がある
  • 派遣期間外でも給与が支払われる
  • 交通費・賞与・退職金などが支給される場合が多い
  • 研修面・福利厚生が充実している場合が多い
  • スキルアップにつながりやすい

特定派遣の場合、派遣社員とはいえども雇用契約上は「正社員・契約社員」といった直接雇用なので、直接雇用されている社員に与えられる様々な恩恵を受けられるという点が最大のメリットだと言えます。

雇用の安定性はもちろん、交通費・賞与・退職金などの支給、福利厚生の充実など、一般派遣で働く場合と比較すると待遇面が魅力的なケースが多くなります。

特定派遣のデメリット

特定派遣のデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 好きな時間に好きなだけ働くという派遣ならではのワークスタイルは実現できない
  • 技術関連職種の求人がメインで、求人数自体もそこまで多くない
  • 派遣先企業ではかなりハードな業務を任されることも

特定派遣の場合、あくまで正社員・契約社員として働き、就業先が自社ではなく顧客企業となるというスタイルなので、「プライベートも充実させたいから派遣という働き方がいい」という方などには適していません。

また、技術関連職種の現場では常にプロジェクトに忙殺されており、残業が多く、ハードな業務を任されていることも多くなりがちです。

しかし、特定派遣の社員の場合は就業先と雇用主が異なるため、就業先ではどうしても弱い立場になりがちで、顧客企業のためにとにかく長時間労働を強いられるという可能性もゼロではありません。

正社員という働き方が嫌で「派遣社員」という働き方を選択している方にとっては、特定派遣のワークスタイルはあまりおすすめできません。

そして、特定派遣のメリットの多くは「正社員としてのメリット」なのだから、そのメリットを享受したいのであれば、わざわざ特定派遣会社に入社せずとも普通の企業に正社員として入社し、派遣先企業ではなく自社のために働いたほうが良いという考え方もあります。

そのため、特定派遣という働き方をそもそも一般企業に正社員として採用されるような高い技術力を持った方が選択することはあまりありません。

結果として、特定派遣会社は最初から高いスキルを持った人材を採用するのではなく、未経験人材を採用し、自社で研修を行って育て上げることで、派遣先に送り出していくというビジネスモデルに落ち着いていくわけです。

しかし、この特定派遣会社のビジネスモデルは、現状はスキルがないものの、専門性を身につけてキャリアアップしていきたいという方の受け皿としてはとても優れたものだと言えます。

正社員や契約社員という安定した雇用の枠組みの中で働きながら技術やスキルを高めることができ、経験を積むことができるからです。